プロフィール

会社概要

毛利めぐみプロフィール写真

名前

毛利 めぐみ

生年月日

1976年1月29日  KIN 1

血液型

O型

住所

大阪市東住吉区西今川1丁目5-20

音楽ライフ

4歳からピアノを始める。

音大卒業後はプロのピアニストとして活動。

音大在学中にピアノ教室をスタートし、ピアノ講師歴は20年以上。

4歳の時に、YAMAHA(ヤマハ)のピアノ教室のCMを見て、自らピアノを習うことを決め、レッスンを開始。

最初は好きだったピアノだったが、先生のスパルタレッスン指導と両親の重圧がつらく、どうしたらレッスンから逃げられるかばかりを考える子供時代を過ごし、一度は音楽の道以外の進路を考えたことも。

ピアノが楽しくなったのは、音大に入学してから。

日々7~8時間の練習を続けつつ、大学の図書館で作曲家や演奏家の本を読み、ビデオやCDの視聴を重ね、様々な楽譜を読み比べる中で、彼らの音楽に対する思いに触れるのが楽しく夢中になる。

その時に感じたことは、「小さい頃から、こんな風に音楽の楽しさを教えてくれる先生との出会いがあれば、私は子供時代にもっとピアノを好きになれたんじゃ?どんな先生に習うかで、その子のピアノ人生が変わってしまう」ということ。この経験が、在学中にピアノ教室を開く時の指針となる。

最初は生徒1人から始めたピアノ教室は、指導方法を積極的に学び工夫を重ねた結果、次第に生徒が増え、現在は小学生を中心に幼児から高校生までが52名。

さらに大人や赤ちゃんクラスを加えると、常時65名以上が毎月レッスンに通っている。(2019年10月現在) 高校受験や大学受験などの節目で卒業していく生徒はいても、途中でやめてしまう生徒は少なく、10年以上続けている生徒がほとんど。

中には社会人になってもピアノを続け、20年以上教室に通っている生徒もいる。

ピアノ教室では、楽しいだけのレッスンをするのではなく、「弾きたい曲を弾けるようになる喜びを味わってほしい」「生きた音楽に触れてほしい」という思いから、初めての譜面は必ず生徒の目の前で弾いて聴かせることがモットー。

さらに毎年大人気となっているグループレッスンでは、連弾やアンサンブル演奏を取り入れ、1人では味わえない音の世界や、曲と音楽への理解を広げつつ、生徒同士の横のつながりを深める工夫も。生徒には、音楽を通して感動する力を養い、心の動く人に育ってほしい。

そしてピアノを通して生きる力をつけてほしいと願い、厳しい中にも愛情深い指導を心がけている。

また現役ピアニストとしての活動は、ソロやデュオの演奏会に加え、今後は馴染みのあるクラシック曲や映画音楽などを選曲し、気軽に音楽に親しんでもらえるサロンコンサートも開催予定。

音楽・演奏経歴

  • 「4つになったらヤマハにいこう~」のキャッチフレーズにつられ、ヤマハの幼児科へ。
  • 小学校入学と同時にピアノの個人レッスンに通い出す。
  • 小学5年生で「音楽中学を受験する」と突然言い出し、周囲を慌てさせる。
  • ピアノ専門の道を歩むため、厳しいピアノの先生に習い出す。
  • 結局、先生も「大学からでいいんじゃない」とおっしゃり、私自身は「思い描いていた校舎でなかった」という理由で受験せず公立中学へ進学。
  • 先生の忠告を聞かず、電車通学がしたく、遠くて、しかも実力ぎりぎりの大阪府立富田林高校へ進学。
    部活動だけは断念 (とても楽しい高校生活を送り、 友達もたくさんでき、この道を選んで本当に良かったです☆)
  • いよいよ高2の冬。両親にグランドピアノを買ってもらい、紆余曲折しながらも進路希望を音楽大学と提出した直後、練習不足の私に先生から苦言を頂く。
    「来週までに弾けるようになってなければレッスンにもう来ないでちょうだい。」
    誰にも言えず、必死に練習すること一週間・・・。残念ながらばっちり弾けるようにはならなかったが努力は実り、「レッスンを受ける」ということがどういうことかが身にしみた時間でした。
  • 大学受験・・・
  • 1994年 大阪芸術大学演奏学科ピアノ専攻入学
  • 1995年 ピアノ教室を始める
  • 1998年 大阪芸術大学専攻科に進む。
  • 1998年 大阪芸術大学卒業演奏会、関西新人演奏会、東京読売新人演奏会に出演。
    1999年 第5回熊楠の里音楽コンクール入選。
    プラハのベルトラムカ荘にてシュターミッツ弦楽四重奏団と共演。
    OAG神戸センターにて(Vn)ヴィチェスラフ・チェルノッフ氏と共演。
    2000年 Note9('98年度専攻科生)を結成しコンサートを開催。
    Fioritula ジョイントコンサート開催。
    2001年 フェニックスホールにて(Vn)ヴィチェスラフ・チェルノッフ氏と共演。
    第2回Note9コンサート開催。
    2002年 「きらめくピアノデュオ」に出演
    2003年 プラハアカデミーにてフランティシェク・マリー教授のレッスンを受講。同時にチェルノッフ氏と共演。
    2005年 桜ノ宮アンサンブルホールにてオール リスト プログラムの初のソロリサイタルを開催。
    2006年 いずみホールにてワルシャワフィルのコンサートマスターとの共演で、「ピアノトリオの夕べ」に出演。
    2008年 いずみホールにてJフィル管弦楽団とサン=サーンスの「ピアノ協奏曲第4番」を協演。
    2013年 CD「虹色に輝く音の玉手箱~ママと赤ちゃんのた めの音楽~」のピアニストとして初のCD録音
    収録CDジャケット
    2014年 中国琵琶・クラシックギターと共演のコンサート出演
    2015年 「なつめぐ デュオコンサート」を開催
    2016年 「なつめぐ デュオコンサートVol.2」を開催
    2017年 「リサイタル フィオリトゥーラ」を開催
    2018年 「なつめぐ デュオコンサートVol.3」を開催

    好きなもの

    免許・資格・会員